• 活性酸素の話
  • 抗酸化物質の話
  • 水素の話

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

『マナ水素』 商品CM

オフィシャルブログ 活性酸素に影響されない毎日を過ごそう!

抗酸化物質の話

■活性酸素から身を守るための物質

老化や病気の大きな要因である過剰な活性酸素から身を守るシステムを、私たちの身体は持ち合わせています。そのシステムを「抗酸化作用」と呼び、その作用をもたらす物質を「抗酸化物質」といいます。これには、体内で生成される 抗酸化酵素 と、体外から取り込んで利用する 抗酸化物質 との2種類があります。

■体内で作られる抗酸化酵素

私たちの身体には、活性酸素を無害化するための抗酸化酵素を生成する力が備わっています。

【抗酸化酵素】
  • SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)
  • カタラーゼ
  • グルタチオンペルオキシダーゼ

しかし、体内で作られる抗酸化酵素の量は年齢とともに変化していきます。一般的に25歳を過ぎる頃から減少しはじめ、45歳頃ではピーク時の約半分量という具合に、加齢とともにどんどん減少していってしまいます。
さらに、現代生活においては、活性酸素の発生要因が非常に多くあるため、体内で作れられる抗酸化酵素だけではその無害化が追いつかなくなっている状態といえます。

■体外から取り入れる抗酸化物質

活性酸素が過剰に発生してしまう現代社会において、身体の健康を保つために大切なことは、抗酸化力をもつ物質を体の外から取り入れて、体内で不足する抗酸化酵素を充分にサポートすることです。
その抗酸化作用をもつ成分には、さまざまな種類があります。

【抗酸化物質】
抗酸化物質 多く含む食品
βカロテン(ビタミンA) にんじん、かぼちゃ、青しそ、ほうれん草、小松菜、春菊 など
ビタミンC レモン、ブロッコリー、ゴーヤ、イチゴ、キウイフルーツ など
ビタミンE ナッツ類、アボカド、小麦胚芽、いくら、たらこ など
カテキン 緑茶、紅茶、ウーロン茶 など
ポリフェノール 赤ワイン、ココア、グレープシードオイル、ブルーベリー、ブドウ など
セサミン ゴマ など
リコピン トマト、スイカ、グレープフルーツ、パプリカ など
アスタキサンチン 鮭、いくら、かに、えび など
COQ10 かつお、まぐろ、いわし、さば、ブロッコリー、ほうれん草、ナッツ類 など

けれども、これらの抗酸化食品には「3つの弱点」があります。

  1. たくさんの量を食べなければ、効果的でない。
  2. 脳-血液関門を、通過できないものが多い。
  3. 活性酸素を消去すると同時に、自らが「酸化物」となる。

そして、これら「3つの弱点」のすべてを解決する優れた抗酸化物質が、水素なのです。

ページの先頭へ戻る
お電話でのご注文(24時間受付) 0800-111-3333
商品に関するお問合せ 03-5785-4873 受付時間 9:00~18:00(平日のみ受付)
メールでのお問合せ info@carna.vc